チャクラって何?誰にでもあるの?チャクラから何が分かる?

チャクラとは、サンスクリットで「円、円盤、車輪、轆轤(ろくろ)」などを意味する言葉。仏教にもチャクラの考えはあり、「輪」と訳されます。
人の身体にあるとされる“チャクラ”は、人がもつエネルギーの中枢、エネルギーの出入り口だとされます。

目次

オーラとセットのチャクラ~その人自身のエネルギーを読み解くもの

チャクラは目には見えないけど、人の身体がエネルギー的に生きていくために必要なものとして、誰にでもあるものです。
オーラが肉体の周囲にある目に見えないエネルギーの放出であるのに対し、チャクラは身体の各部位(位置)に存在し、外の世界とエネルギーを交換するセンターです。オーラがその人の状態を表しているのに対し、チャクラはそれぞれの働きが健康であるかどうか、人に必要な基本的な働きができているかどうかを視ます。
人によって、どのチャクラが強いか弱いか、それによってその人の傾向も見えてきます。

チャクラの種類とその位置

それぞれの位置は、下から数字が付され、「第○チャクラ」と呼ばれますが、本来のサンスクリット語では、チャクラの名称もあります。各チャクラの位置と、サンスクリット語での名称は、以下のようになります。

第7チャクラ「サハスラーラ」:頭頂にひとつ
第6チャクラ「アジナ」:眉間の前後
第5チャクラ「ヴィシュダ」:喉の前後
第4チャクラ「アナハタ」」胸(胸腺)の前後
第3チャクラ「マニピュラ」:みぞおちの前後
第2チャクラ「スワーディシュターナ」:下腹(へその少し下)の前後
第1チャクラ「ムラダーラ」:尾てい骨にひとつ

各チャクラの役割

それぞれのチャクラには、つかさどる領域や役割があります。

第7チャクラ:精神的なこと、魂の領域、神など神聖なものとのつながり、ハイヤーセルフ
第6チャクラ:直観力、透視能力
第5チャクラ:表現力、特に声に関すること
第4チャクラ:ハート、感情に関すること、愛(無条件の愛)、別名「ハートチャクラ」
第3チャクラ:意志の力、意図、自立した自我意識
第2チャクラ:情緒的な感情、情念、男女の愛、セクシャルなこと
第1チャクラ:生命力の源、エネルギーの根本、別名「ベースチャクラ」

また各チャクラには、下のように、それぞれの色が対応しています。

こうやって見ると、第1チャクラから第7チャクラまで、生きるベース(肉体的なこと)から、より精神的に高次なことに順次つながっていっていることが分かります。
ただし、肉体の上のほうのチャクラがより重要で、下のほうが重要でないということではありません。肉体をもって現実社会で生きている人間として、すべてのチャクラがバランスよく整い、働いていることが重要です。

チャクラはシーンによって活性状態が変わる

チャクラは、その人がどういうシーンにいるかによって、様子が少し異なってきます。
好きな恋人といれば第2チャクラが活性化しているでしょうし、母親が子供に感じる愛情は、より無償の愛に近く第4チャクラが活発になるでしょう。
勉強しているときは第5チャクラが活性化し、瞑想すると第6や第7チャクラに意識的になり、活性化するでしょう。
そしてそれらのチャクラが活性化するとき、チャクラは、ラッパあるいは花びらが開くように開閉し、外とのエネルギー交換も活性化されます。逆に、そのチャクラ(それに関係すること)が活性化していないときは、朝顔の花びらが閉じるように、チャクラも閉じています。
開いているから良いというわけでもなく、そのシーンそれぞれ、TPOによって、自在に開いたり閉じたりすることが重要です。

実際にチャクラは、身体の内側から外側に向かって、朝顔の花のように、花びらを外にむけて開いた形で存在します。この花びらを、自在に閉じたり開いたりできるのが、健康なチャクラとされます。

チャクラから観察できる個性

上のように、チャクラにはTPOによる活性化の違いはあっても、もともとのその人の個性で、強く働いているチャクラと、そうではないチャクラがあります。
スピリチュアルなことが好きな人は、いつも第6チャクラが強く働いているでしょう。知的な人は第5チャクラが強く、ハートにあふれたやさしい人は第4チャクラが強いでしょう。
こうした個性の違いも、チャクラを観察していくと見えてきます。

電話占いでチャクラを見てもらうには?

遠隔ヒーリングと同じように、エネルギーそのものを視るチャクラのリーディング(観察)では、前の前に依頼者がいたほうが見やすいヒーラーやクレヤボヤント(透視能力者)もいれば、遠く離れた場所でも視ることができるヒーラーやクレヤボヤントもいるでしょう。エネルギーそのものは、距離は問題とならないため、熟練されたヒーラーやクレヤボヤントでは、電話占いのように離れた場所にいる相手のことも、視ることができます。

チャクラを視る場合の情報

遠隔ヒーリングと同じように、チャクラを視るために必要な情報は、ヒーラーやクレヤボヤントによって違います。名前や年齢から視る場合もあれば、写真など本人の映像を見て視る場合もあります。
チャクラのリーディングに入る前に、どんな情報が必要なのか先に尋ねると良いでしょう。名前は分からないけど一緒に映っている写真がある相手、あるいは相手の名前やその他の情報もよく知っているけど、写真がない相手の場合。それでも相手のチャクラが視れるか尋ねてみましょう。

問題解決や、関係性を正すためのリーディング

相性や二人の関係を見るときも、チャクラを視ることで分かってくることがあります。
親しい間柄の二人は、チャクラから出ているエネルギーがつながっていることもよくあります。そのつながりが健全なのかどうか、もし関係性に問題があるなら、エネルギー的にどんな問題になっているのか、ヒーラーやクレヤボヤントは視ることができます。
二人の関係改善のためにも、目に見えないエネルギー(チャクラ)を覗いてみるのもいいですね。

自分自身の問題について視る場合も、チャクラを全体的に視てみると、どこに問題があるか分かる場合があります。
とても高い志があるのに、どうしても実現化しない、途中でくじけてしまう。それは、現実化する力である第1チャクラや、意志の力である第3チャクラが弱いためかもしれません。どういうことを心がけていけば、弱いチャクラを健全にし、全体的に人生を改善していけるか、ヒーラーやクレヤボヤントは伝えてくれるでしょう。

まとめ~人生と自分自身をみつめるためのチャクラのリーディング

電話占いで、遠隔でチャクラを観察できるヒーラー、クレヤボヤントを見つけたら、ぜひ人生の大きな目標のために、活用してみましょう。
チャクラからは、その人全体に関わるもの、その人の人生そのものに影響を及ぼす、物事が実現化する前のエネルギー状態をしっかり視ることができます。
普段気づいていない原因を見たり、自分で認識していない自分の傾向、起きてくることの本質的な理由が見えてくることもありますよ。
そしてチャクラは、肉体と同じように、普段から意識し、健康であることを心がけることで、成長させることができます。
ヨガなど肉体を鍛える修練も、本質的には肉体の前にあるエネルギー、チャクラをとても意識しています。占いを超えて、自己探求をされたいなら、チャクラのリーディングはとてもサポートになるはずです。

新しく登録された占い師一覧

もっと見る

口コミ評価が高い占い師一覧

ピュアリ
マダム梗華
口コミ満足度
★★★★★
★★★★★
4.99
総コメント
0件
ネット上の評価ネット上の評価ネット上の評価ネット上の評価ネット上の評価ネット上の評価ネット上の評価ネット上の評価ネット上の評価ネット上の評価  
ウィル
田所龍乃(タドコロルノン)先生
口コミ満足度
★★★★★
★★★★★
4.98
総コメント
0件
もっと見る

コメント急上昇の占い師一覧

もっと見る

電話占い師検索

現在登録されている占い師 19 人
他の条件を指定する
リセット
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
0 0 votes
評価
参考になった!
通知する
guest
0 口コミ一覧
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
目次
閉じる